三宅浩亮

現在の仕事内容

私は、東北6県を営業エリアとした破砕機の営業活動を行っております。営業部は当社製造工場とお客様のかけ橋の役割を担い、破砕機の見積・受注業務、クレーム対応、既存機の稼働状況把握等、日々お客様に接しながら働く部署になります。特に破砕機は、安価なものでも1台数百万円という価格の設備となり、プラント全体では数億円という規模の商品となります。そのため、営業には自社商品の特徴や優位性についての知識だけでなく、他社機の特徴・価格帯も把握した上で、お客様に最適な提案をしていくスキルが求められます。

現在の仕事にある醍醐味(やりがい)

私にとっての喜びは、やはりお客様から注文書を頂けた時です。営業にとって注文書を頂くということは、業務の基本ではありますが、注文書を頂くためには、当社機の優位性の説明や他社との価格競争に勝たなくてはならない上に、客先との信頼関係の構築が必要不可欠になります。そのため、注文書を頂くということは、客先から「三宅君(アーステクニカ)に任せるよ。」という信頼を得ることが出来たという証であり、金額の大小や利益率の良し悪しに関わらず、快感です。

1日の仕事の流れ

7:30移動
9:30客先打合せ及び次の現場への移動
12:00昼食
13:00客先打合せ
16:00移動
18:30飲み会(客先または、社内)

入社した決め手を教えてください。

入社した決め手は、私は2つあります。一つ目は、川崎重工業㈱と㈱神戸製鋼所の破砕機事業部の統合会社である、確かな製造技術・納入実績を継承している部分です。会社名は変われども、日本における破砕機メーカーのリーディングカンパニー2社が統合して誕生した当社の実力は、破砕機業界において他の企業に負けない強さがあると感じました。二つ目は、働いておられた先輩方との交流の中で、仕事に対する価値観に共感できる部分が多かったことです。企業価値だけでなく、周囲の人間関係も重要な決め手と考えています。

学生さんへのアドバイス

就職活動は、多くの企業・仕事内容を知れる最大のチャンスです。実際に働いてみないと分からない部分が多い事も事実だと思いますが、今の時期以上に職業に関して調べたり、悩んだりする時期はないと思います。社会人との慣れない面接や、履歴書の作成など、今まで経験したことがないことに戸惑い疲れることも多いと思いますが、就職活動も自分自身のレベルアップに繋がると考え、積極的にいろいろな企業を訪問してみてください。たくさんの企業の中から、「アーステクニカで一緒に働きたい」と思えたら、是非その思いを当社にぶつけて下さい。

休日の過ごし方

基本的には、土日、祝日はお休みとなりますが、たまに仕事になることもあります。その場合は、代休を取得し、スケジュールを調整しています。私は、趣味で野球のクラブチームに所属しているため、シーズン中(3月~10月)の練習試合や公式戦への参加は勿論のこと、オフシーズンも体育館練習に積極的に参加し、野球を楽しんでいます。また、長期休暇等では、仕事が入らなければ実家に帰省したり、旅行したりと仕事とプライベートにメリハリをつけて楽しんでいます。