西山悠

現在の仕事内容

私は圧縮破砕機の設計業務を担当しています。圧縮破砕機とは石を押しつぶして破砕していく機械です。このうち、ジャイレートリクラッシャ、コーンクラッシャと呼ばれる機械を担当しています。破砕された石はコンクリートの骨材や道路,セメント等に使用されます。
私の業務は、お客様からご要望を伺い適した機種を選定することから始まり、受注後は図面の作成や部品の手配等をして、納入後は試運転に立ち会い機器を調整する等、機械の受注から納入までの一連の業務全てに関わります。稼働開始後は電話によるトラブル対応等アフターフォローも実施します。様々な業務があるので幅の広い知識が必要ですが、現場での作業もあるので意外と体力も必要です。

現在の仕事にある醍醐味(やりがい)

色々な現場に足を運び、肌で機械を感じられる機会が多いです。自分の担当していた機械が現場で一生懸命仕事をしている姿を見ると、とても誇らしく思えます。
また、大きなプロジェクトにも若いうちから担当させてもらいました。国内の大型石灰石鉱山やオーストラリアの鉄鉱石破砕設備を担当し、現地の試運転にも立ち会いました。普通に生活していては経験できない、貴重な経験をすることができました。特にオーストラリアの案件は、英語の壁もありとても苦労しましたが、無事に性能試験に合格し引き渡しが完了した時の喜びは忘れられません。

1日の仕事の流れ

9:30育児の為、フレックスタイムを利用し遅めに出勤
9:30〜12:00メール、回覧書類等確認、問合せ対応
12:00〜13:00昼休み。新食堂で昼食を取り、気持ちよく仮眠。
13:00〜19:00機種選定や製作図面の作成、チェック等
(問合せがあれば、問合せに対応。)

入社した決め手を教えてください。

小さい部品と大きな機械、どちらが造りがいがあるかと言えば、後者だと感じていました。その為、大きな機械を造っているところが良く、当社が候補に挙がっていました。 最後の決め手はとにかく「人」です。
お会いした先輩社員の方々はとても話しやすかったですし、目を輝かせて生き生きとしていました。楽しんで仕事をしている印象を強くうけましたね。しかし、ただ話しやすいだけではなく、しっかりとした考え方、厳しさを感じることもできたので入社を決意するに至りました。

学生さんへのアドバイス

業界、所在地にこだわらずに色々見て回ってみてください。好きな企業、行きたい企業があるかもしれませんが、多くの企業を見る事はとても勉強になります。足を運び、実際に人と話し、自分の理想とマッチするかを感じてください。会社によって驚くほど違います。
足を運んだ分だけ自分の道がおのずと見えてくると思いますし、会社に入ってから後悔することも無くなると思います。

休日の過ごし方

子供ができてからは、家族との時間を大切にするようになりました。子供と公園で思い切り遊んでいると、とても気持ちが安らぎます。
独身の頃は、朝は遅くまで寝て休むことも多かったですが、家族ができてからは時間を大切に使うようになりました。夜9時頃には子供と共に就寝し、朝5時頃には起きる生活をしています。朝の時間を使い、釣りやランニング等、自分の時間を設けています。