山下達也

現在の仕事内容

粉体分野と環境分野における、部品の見積・手配業務を担当しています。
材料費や人件費など、部品の製作にかかる費用を調べて原価を決めます。
お客様から注文をいただいたら、納期に間に合うように部品を手配し、工程管理を行います。
製作工程が複雑な部品の場合、当社の工場と外部の協力会社さんとを往復しながら仕上げるものもあります。各工程の進捗を確認しながら、工程間の橋渡しをいかに効率よく進められるかということを意識しています。

現在の仕事にある醍醐味(やりがい)

業務で関わった装置が、社会を支えていることにやりがいを感じます。
自分が設計に携わった装置が製造プロセスに組込まれている商品を見つけたときは、感慨深いものがあります。お客様の業種は多岐に渡り、ダイヤモンド、砂利、セメント、お薬、ふりかけ、と本当に様々です。
お客様からの要望に応えていく中で、より社会に役立つ装置を目指し、日々の業務に邁進しています。
また、日頃の喜びとしては仕事で関わる人(社内・社外問わず)からの「ありがとう」の言葉をやりがいとして業務に従事しています。

1日の仕事の流れ

8:30出社・メールの確認
9:00製作中の部品の進捗を確認、フォロー
10:00新規製作品の手配
12:00昼食、昼寝
13:00見積
15:00完成部品の試運転、確認
18:00退社

入社した決め手を教えてください。

大学で粉砕機のシミュレーションを専行していたため、粉砕機関連の装置メーカに興味がありました。アーステクニカは、自分の研究分野とつながっている部分も多く、入社を決めました。
また、設計業務では図面を書くばかりではなく、お客様とのやりとりも行います。社内業務ばかりではなく、社外とのつながりも多いことから、自分の視野を広げることができると思いました。
面接で出会った人が、皆いい人だったことも大きな決め手です。

学生さんへのアドバイス

就職活動には、これまで知り合えなかった人との人脈形成の場という側面もあります。
面接やグループワークで同じだったというのも、一つのご縁ですので、積極的にコミュニケーションをとると良いと思います。自分から声をかけるのは恥ずかしいですが、人脈は一生の財産です。
少しでも顔を広げておくと、自分が困ったときに役立つと思います。あわよくば、生涯の伴侶が見つかるかもしれません。(笑)

休日の過ごし方

家族と過ごす時間を大切にしています。
息子の工作の手伝いをしたり、公園で遊んだりしています。
自分で立って歩けるようになったり、一人で自転車に乗れるようになったりと、子供の成長はあっという間です。それを近くで感じることが何よりの楽しみです。
また、一週間程度の連休が年に4回あるので、帰省に絡めて旅行にいったりします。長期休暇が取りやすいのも当社の魅力のひとつです。