角田聡

現在の仕事内容

私は営業部の中でも海外に拠点を持つお客様を担当する輸出営業課に所属しています。
営業というと製品を売るということなのですが、進捗状況により様々な業務があります。先ずどんな顧客がいてどのような製品を求めているのかを調べる市場調査や、顧客と接触してニーズのヒアリング、当社製品を導入するメリットを顧客に伝えるプレゼン、顧客との契約条件の交渉、納品に係る輸出貿易に必要な手続き、納品後のアフターサービスの提案など多岐にわたります。
また、顧客のニーズやそれらに関わる国際情勢は常に変化するため、今後どのような製品をどの業種の顧客に提案するべきかを検討し、製品に反映させるよう設計、製造部門に働きかけるのも営業部門の役割です。

現在の仕事にある醍醐味(やりがい)

製品をご注文頂けたときが一番の喜びです。当社の製品は大型機械ですので、価格は大きなものになります。そのため顧客の購入検討は長期間にわたることもあり、その間に様々なアクションを取り組んでいきます。製品をPRする資料を作成したり、条件について交渉したり、既に納品している機械の点検サービスを製造部門の社員を連れて実施したりと、営業自らが考えて最良のアクションを起こし、それらが功を奏して受注が決まった時にやりがいを感じられます。

1日の仕事の流れ

8:30出社 メールチェック
海外の顧客やパートナーは勿論、国内の商社などからの問い合わせにも対応します。
12:00見積作成・受注業務など
各案件の進捗状況が異なる為、優先順位を意識して進めます。
13:00資料作成や商社との打ち合わせなど
その日の状況によって業務内容は変わります。
17:30~18:30現状の業務の進捗状況とするべき事を確認して帰宅。

入社した決め手を教えてください。

学生時代は化学や生物に関するフィールド調査を行っていましたが、専門知識など直接役立てられる業種はあまり多くはなかったので、活動を通じて得た行動力などを生かしたいと思い、営業職種を中心に就職活動を進めました。その中で、日本が世界に誇れるものづくりを魅力的に感じ、企業を探していたところ、たまたま当社を知りました。
初めは破砕機を知らなかったため、「破砕機がどんなのか教えてもらおう」という気持ちで説明会に参加し、破砕機の多種多様な用途での活躍に強く惹かれ、幅広い業界に営業として関わることで多くのことを学べると思い入社を決めました。

学生さんへのアドバイス

心と時間に余裕を持って就職活動を行うことをおススメします。私自身が就職活動で印象的だったのは、準備不足で焦って緊張してしまい、面接で自分の思いを伝えきれなかった事でした。
学生の皆さんも大変な思いをされていると思いますが、準備は怠らず、適度に休憩しながら計画的に進めていきましょう。

休日の過ごし方

休日は大学時代の仲間や会社の方と釣りやキャンプをしています。机に座って業務をおこなっていることが多いので良いリフレッシュになります。また、会社の方に誘われてラグビーを観戦するなど、社員同士で自然と交流が生まれるのも当社の特徴だと思います。