河澄紗羅

現在の仕事内容

人事として、従業員の採用、給与・賞与の算定、社則の制定・管理に関わる業務を担当しています。その中でも年間を通して業務量が多く、また、メイン担当として携わっているのが新卒採用業務です。
新卒採用の業務は、採用計画・スケジュールの立案から始まり、会社説明会・選考の実施、採用活動内容とその結果の振り返り、そしてまた次年度の計画立案と進んでいきます。その一連の流れを一貫して担当しています。

現在の仕事にある醍醐味(やりがい)

初めての就職という、学生の皆さんにとって人生の重大イベントであるとともに、会社にとっても将来のアーステクニカを支える人財の獲得という重要な仕事に携わっていることに、責任を感じるとともにやりがいを感じます。
基本的に人事の業務は人が相手の仕事ですので、計画通りに進まないこともあれば、自分一人が頑張っても思い通りの結果が得られないということもあります。しかし、だからこそ結果を出せるように、自分ができる限りのことをしようと思っていますし、それで結果が出ればその喜びはひとしおだと思います。

1日の仕事の流れ

8:30出社、メールチェック
9:00~11:00資料作成(内容は時期により異なります)
11:00~12:00人材会社と打ち合わせ
12:00ウォーキングで軽く汗を流してから食堂で昼食
13:00~17:30工場見学会参加者のご案内
17:30~18:00明日の業務内容の確認を行い、退社

入社した決め手を教えてください。

学生時代に1年間の交換留学を経験していたこと、サークルを立ち上げた経験があることから、海外事業で活躍できるとともに、若手のうちから仕事を任せてもらえる企業に就職したいと思い、就職活動を始めました。アーステクニカでは海外向けの機械を扱っており、海外事業に携わるチャンスがあること、選考で会う先輩社員の方々が気さくで話しやすい雰囲気で風通しの良い社風を感じたことはもちろん、育児と仕事の両立支援に関する制度が整っており、女性にとってライフステージの変化を経ても働き続けやすい環境だと思い、入社を決めました。

学生さんへのアドバイス

就職活動とは、自分はどんな風に働きたいのか、どんな仕事をしたいのか突き詰めていくこと、大げさに言ってしまうと、「どう生きたいのか」というテーマに密接に関わってくることだと思います。
活動が思い通りにいかないときには、就職活動は早く終わらせてしまいたい通過点のように感じられるかもしれませんが、焦って志望企業を絞り込んだりネット上の情報やイメージだけで企業を選んだりせず、情報収集を十分にしたうえで、どんな環境でどんな仕事がしたいのか、じっくり考えていただけたらなと思います。

休日の過ごし方

学生時代からの趣味である三味線の練習をして過ごすことが多いです。学生時代に比べると練習時間は減ってしまいましたが、今でも年に2、3回ほど演奏会に出る機会があるので、それを励みに頑張っています。
また、休暇が取りやすいという会社の制度を活かして、まとまった休暇の際に旅行に行くのも楽しみの一つです。昨年は秋の連休に有給休暇をつなげて、学生時代に留学していたフィンランドまでオーロラを見に行き、充実した時間を過ごすことができました。