白地貴一

現在の仕事内容

私は、衝撃式クラッシャと呼ばれる機械の設計業務をしています。
衝撃式クラッシャとは、岩石や石炭などの原料を、回転するハンマーの衝撃によって破砕する機械のことです。
設計業務では、お客様に提出する仕様書や破砕機の取扱説明書などの書類作成、新たに上市する破砕機の新機種用の図面を作成しています。
また、作成した図面に関する製造現場との打ち合わせや、お客様からのお問い合わせの対応もしています。

現在の仕事にある醍醐味(やりがい)

現在、私は新しく上市する機械に使用する部品の形状や、機械構造の検討を行っています。
工場内で何度も試運転を行い、想定の通りに機械が動いて初めて、機械を世に送り出す事ができるのですが、自分の携わった部品で試運転がうまくいった時には大きなよろこびを感じます。
また、自身が作成した図面に沿って作られた部品を、すぐに間近で見ることが出来るのは、とても良い勉強になりますし、アーステクニカならではの魅力だと思います。

1日の仕事の流れ

8:30出社
9:00書類や図面の作成
12:00昼休み  食後は社内の友人と雑談
13:00書類や図面の作成
16:00製造現場から問い合わせ 工場に現物を見に行きます。
17:30退社

入社した決め手を教えてください。

学生時代は物理工学科を学んでおり、機械メーカーであるアーステクニカでうまくやっていけるか不安でした。機械工学科以外を卒業した先輩も大勢いらっしゃると聞いて、自分でも挑戦してみたいと感じ、入社を決意しました。
アーステクニカでは、新入社員時の技術研修で機械設計に関する基礎知識を一通り身につける事が出来ます。現在でもその時に配布された技術研修の資料を参考にして設計業務を行っています。

学生さんへのアドバイス

できれば多くの会社の説明会に足を運び、社員の方にいろんな質問をしてみると良いと思います。会社のホームページを見ただけでは得られない、貴重な情報が得られますよ。それに就職活動はみなさんの人生の大きな分岐点ですので、給与の話、福利厚生の話など多少のずうずうしいと思われるような質問をしてもかまわないと思います。
学業と並行しながら就職活動をするのはとても大変だと思いますが、ぜひ自分にマッチした会社を見つけ出してください。

休日の過ごし方

休みの日は家でインターネットの動画を見たり、テレビを見たり、ゲームをして過ごしています。家から歩いて行ける距離に大きなショッピングセンターがあるので、買い物などで遠出をする事はあまりありません。
また、土曜日の夜には家の近くの飲み屋に一人で飲みに行き、近くに座った方と会話したりする事もあります。社会人になってからは、家と会社だけの往復だけになりがちなので、仕事に関係ない方と喋るのは、貴重な機会です。