小柳敬太

現在の仕事内容

 私の所属する粉体分野では、医薬、ケミカル、食品や、その他粉体を扱う業界向けに各種機械の設計・開発を行っています。その中で現在私は開発課に所属し、粉体分野における新製品開発のための研究開発業務に従事しております。
また業務の一環で、とある大学研究室と共同研究の形をとり、週に1~2回は大学へと出向しての業務を行っております。普段の業務としては、社内・大学での開発試験、データ収集、データ解析、社内報告、他研究等の情報収集といった内容の仕事をしています。また、開発試験に必要な部品の設計や製作手配もしております。

現在の仕事にある醍醐味(やりがい)

現在従事している仕事内容が未来の製品ラインナップに直接関わるものですので、やりがいを感じております。ゆくゆくは製品カタログが作られたり、顧客の工場に新しい機械を据付することを想像すると、仕事にも身が入るものです。
また、展示会等の場でのプレゼンテーションや機械の説明をすることもあるのですが、顧客側の意見や質問を受け取ることが面白いと感じます。社内で設計業務や研究開発を続けているだけでは見えてこない、顧客側のニーズをダイレクトに受けとめる良い機会と考えております。

1日の仕事の流れ

※共同研究先での業務は定時時間を[09:30~18:30]としています。

08:30出勤
08:30~メールチェック・雑務・1日~1週間の作業内容確認
09:30~開発試験・データ収集
12:00~13:00昼休憩
13:00~開発試験・データ収集
17:00~片付け・データ処理・解析作業
18:30~19:00退勤

入社した決め手を教えてください。

事業の一つとしてある粉体分野の事業内容について、学生時代の研究に関係していて興味を持ったことが、説明会・採用選考に進むきっかけでした。その他にも勤務地、福利厚生の良さ、川崎重工業グループの一員であることといった点を加味した上で、最終的に入社を決めました。他にもいくつかの企業の選考を同時並行していましたが、最初に内定が決まった企業であったことも大きかったと思います。

学生さんへのアドバイス

まずは説明会や工場見学、インターンシップ等を利用して様々な会社に触れてみることが大事かと思います。その中で、自らの希望職種・分野、求めている仕事環境や生活環境といった点を詰めていって採用選考に臨むといいと思います。私の場合を例にとりますと、希望分野は化学系メーカーか粉体関連機器メーカー、勤務地は工場勤務で関東圏か地元といった塩梅で進めていきました。

休日の過ごし方

学生時代からゲーマーなもので、休日は趣味に打ち込んでいることが多いです。土曜日の昼は、外出して近場の友人とカードゲームで遊んでいることが多いです。また、夜は主に学生時代からの友人とPCで通話しながらオンラインゲームやTVゲームをすることが多いです。日曜日は船橋のららぽーとや都心等に買い物に行くか、家でのんびりしていることが多いです。車を持っていることもあり、土日両方家にいることはほとんどないと思います。