アーステクニカは2003年に川崎重工業と神戸製鋼所の破砕機事業部門が分社、合併し誕生した破砕機、廃棄物リサイクル用機械、粉体機械を扱う機械・プラントエンジニアリングメーカーです。2008年4月からは川崎重工業の100%出資会社として生まれ変わり、新しいステージに立ちました。
 「アーステクニカ」という会社名や「破砕機」についてご存知の方は少ないかもしれません。しかし、当社製品である破砕機は皆さんと関わりがあるのです。
 例えば皆さんが利用している建物、自動車、医薬品など生活基盤となる物のほとんどは、当社の「砕く技術」が無ければ私たちの手元に届かない物ばかりなのです。
 当社は川崎重工業、神戸製鋼所の破砕事業部門として培ってきた歴史、技術的ノウハウを強みとして受け継ぐとともに、アーステクニカとしての新しい歴史を創り上げていく段階にあります。
 アーステクニカの歴史を一緒に創り上げる新しい力、仲間をお待ちしています。