社員紹介

佐藤 武士

技術部 産機技術課
理工学研究科 機械工学専攻 / 2007年度入社

現在の仕事内容

私は主に竪型ローラミル(石炭や石灰石等を粉砕・乾燥・分級する機械)の開発業務を担当しています。現在は、適用原料の拡大(用途開発)に力を入れており、粉砕試験とデータ整理・考察を繰り返して知見の積上げを行っています。 この他には、スラグジョー(製鋼スラグという鉄製品を造る際に生じる副産物を破砕する機械)の開発業務、社内設計基準の整備、設計業務効率化活動、不具合対応等を行っています。

現在の仕事にある醍醐味(やりがい)

新機種開発は私の入社当時からの夢であり、その業務を担当できることにとても大きなやりがいを感じています。開発業務では、粉砕試験一つとっても確認したいことをとことん追求できるので、純粋に技術的な面白さがあります。また、業界のトレンドや他社の動向といった情報に触れる機会も多く、担当機種や業界に対する自分なりのビジョンが描けるようになり、より高い視点で仕事の面白さを感じることができます。もちろん、開発業務には将来の利益創出に直結する重大な責任があり、常に進捗状況に追われるプレッシャーもありますが、自分が設計した新機種がヒット商品になる日を想像しつつ、楽しみながら働いています。

1日の仕事の流れ

8:30メールチェック
9:00粉砕試験
12:00昼休み
13:00試験データ整理
15:00次回試験計画
16:00設計基準整備
17:30翌日の業務内容を整理し帰宅

入社した決め手を教えてください。

以下の4点が入社の決め手となりました。

  1. 社会と環境に貢献できる大型の機械に携われること。
  2. 事業の柱が複数あり、特に環境・粉体分野に将来性を感じたこと。
  3. 大企業のグループ会社という安心感があること。
  4. 説明会で出会った先輩社員の人柄が良く、自分も一緒に働きたいと思ったこと。

学生さんへのアドバイス

就職活動は面倒に感じることも多々あるかと思いますが、その後の長い人生を充実させるためにも、妥協せず真剣にできるだけ多くの会社を見て回り、「ここで働きたい!」と思う会社を見つけて欲しいと思います。 本当に働きたい会社で働けることはとても幸せなことです。「ここで働きたい!」と思う会社を見つけられたら、その熱意を自分の言葉でぶつけてみてください。熱意が伝わればきっと良い結果が得られると思います。

休日の過ごし方

休日は、家で映画を見たり、本を読んだりして過ごすことが多いです。