社員紹介

古賀 章将

事業推進本部 プロダクト開発部
理工学研究科 理工学専攻(機械系) / 2010年度入社

現在の仕事内容

現在、私はプロダクト開発部に所属し、新製品の開発を行っています。数ある製品群の中でも、主に砕石現場で活躍するインパクトクラッシャと呼ばれる岩石をハンマーで叩いて砕く機械を担当しています。新製品の開発ということで、お客様と直接関わることは少ないですが、会社の将来の利益に繋がる大切な業務だと感じています。また、事務所内でのパソコン作業だけでなく、試験機や、お客様の納めた製品でのデータ取りで、工場や砕石場等の現場に足を運ぶこともあります。

現在の仕事にある醍醐味(やりがい)

現在、私は新製品の開発業務を担当しています。自分が主として設計した製品が砕石場や鉱山で活躍してお客様に貢献しているのを実際に見られるのがやりがいだと思っています。実は、まだ、自分が主として開発した製品が世に出たことが無いので、それを目指して頑張っています。近いうちに見られるかも!
また、当社の製品が活躍する場所は、普通の生活をしていたら行かない様な場所、例えばマレーシアのジャングルや南アフリカの鉄鉱山に行く機会もあるので非常に刺激的な仕事で飽きません。

1日の仕事の流れ

8:30出社。まずはメールのチェックと一日の業務内容確認
9:00開発機の部品形状をCADで計画。
11:00計画した部品の強度計算や他部品との取合い確認。
12:00新しい食堂でおいしい昼食を食べた後、サッカーをしてリフレッシュ。
13:00計画した部品を図面にしてもらう為に図面描きのプロに依頼。
15:00依頼した図面が完成し、図面チェック。その後、その部品の手配作業。
16:30他の部品の計画に取り掛かる。

入社した決め手を教えてください。

私は就職活動を行う際に3つのキーワードで会社を探していました。1つ目は「大きい製品をつくる会社」、2つ目は「製品全体に関われる業務」、最後に「人の雰囲気が良い会社」です。その中でも私がアーステクニカに入社をした決め手は2点目の「製品全体に関われる業務」を行うことができるという点です。当社は1つの機械を2~3人の少数で担当する為、機械の1パーツのみの設計ではなく、機械全体を自分の手で扱えて、実際に客先で稼働しているのも見られるということが非常に魅力的でした。もちろん人の雰囲気もとても良かったです。

学生さんへのアドバイス

就職は今後の皆様の人生に大きく影響することなので、悩んだり、焦ったりしながら就職活動をしている人が多いのではないでしょうか?現に、私もそうでした。振り返ってみて私が思うことは、なるべく焦らずに自分に合った就職活動のやり方を見つけて、マイペースで進んでいくのが一番だということです。そして、沢山悩むことは大切です。
また、色々な業界をみるのも新しい発見があって良いと思います。世の中、自分が知らない業界や製品、仕事は沢山あります。合同説明会などに足を運んでみると思いがけない良い会社と出会えるかもしれません。

休日の過ごし方

今年はコロナ禍ということもあり、休日は家で過ごすことが多くなっています。
そんな状況の中で、美味しそうな料理を見つけて実際に料理して食べることが楽しみの一つになっています。結構失敗しますが、それも楽しいです。
コロナ禍以前は、年に数回、学生時代の友人とゴルフ、長期連休の時には遠出の旅行に行っていました。アーステクニカは海外旅行にもゆっくりいける連休が年4回程度あるので、旅行好きな方には合っているかもしれませんね。コロナが収束したら、グアムかバンコクに行こうと計画中です。