流動層造粒乾燥機 パウドライ FP

流動層造粒乾燥機 パウドライFPの特徴

パウドライFP

  • スケール間で性能差の無い状態
    試験と離散要素法(DEM)解析により、主要寸法(流動板径、テーパ角)を決定
  • 新発想のフィルタ搭載
    一般的なフィルタと比較し、濾過面積35%UP
  • 3種類のスプレー方式
    解析結果により、均一噴霧が可能なトップスプレー方式2種類と、サイドスプレー方式を加えた3種類のスプレ一方式を採用し、転動流動方式と遜色ないコーティングが可能

流動解析シュミレーションによる最適化技術

濾過面積増大フィルタ

利点

1.払い落し効率の向上
シェーキング(外周円筒払い落し) と逆洗パルス(内円筒払い落し)を併用することで、払い落し効果が向上
2. 運転時間短縮
濾布面積が35%増加することで、濾過風速が一般的なフィルタの75%まで下がり、シェーキングや逆洗回数の低減が可能
3. 缶体壁面への付着防止
外周円筒部を設けることで、逆洗による内円筒付着物の缶体壁面への付着を防止
4. 優れた洗浄性
一般的なシェイキングフィルタと同様に洗浄可能

スプレ一方式

サイドスプレー( コーティング)

利点

1.均ーな薄い皮膜を形成可能(液状態で接触するため)
2. 団粒の低減(ノズル近傍の解離作用)

サイドスプレ一方式では、液速度を上げても団粒率を抑えることが可能

形式標準仕込量
kg
容器容量
L
寸法 mmブロア風量
㎥/min
直胴径WDH
EPD115250600110017503
EPD552041090055020305
EPD1515556201170840250010
EPD303011077013201000276015
EPD606022098015301230312030
EPD9090335113016801390337035
EPD120120440123017701490352045
EPD200200730146020101750393055

※着色部は試験機保有。

流動層造粒乾燥機 パウドライFP に関するお問合せ・資料請求はこちら 受付時間:09:00~17:00(土・日・祝日・弊社休日を除く)

【東日本地区】営業部 粉体営業課
TEL:03-3230-7156 Fax:03-3230-7158

【西日本地区】営業部 関西支社 粉体グループ
TEL 06-7662-7282 FAX 06-7662-7290

メールでのお問合せ

粉体機器、粉体システム
エンジニアリング

粉体機器・粉体システムエンジニアリングの製品一覧へ戻る

お問合せ・資料請求はこちら

メールフォーム