コンパウンドクラッシャ

コンパウンドクラッシャの特徴

ロータを上下に2個取付け、1台で1次・2次的破砕を行なう構造のインペラーブレーカーです。
第1ロータで粗破砕・中破砕を、第2ロータで細破砕を行ないます。
衝突板を3ヶ所、摩砕板を1ヶ所設けて破砕比を大きく、破砕粒度を細かくできる構造としています。

標準機種と処理能力

型式 処理量
(t/h)
電動機(kW) ロータ回転数
(r.p.m)
有効給鉱口寸法(mm)
長さ×幅×高さ
No.1ロータ No.2ロータ
AP5C 150~350 200~370 200~370 430~540 1,200×1,500
AP5BRC 350~500 350~550 350~550 430~540 1,200×2,250
AP6C 500~800 550~850 550~850 380~480 1,400×2,250
AP7C 800~1,100 850~1,200 850~1,200 340~430 1,600×2,250
AP7BRC 1,100~1,600 1,100~1,600 1,100~1,600 340~430 1,700×3,000


「コンパウンドクラッシャ」に関するお問合せ・資料請求はこちら 受付時間:09:00~17:00(土・日・祝日・弊社休日を除く)

営業部破砕機営業課
TEL:03-3230-7153 Fax:03-3230-7158

営業部産機営業課(産機)
TEL:03-3230-7155 Fax:03-3230-7158

メールでのお問合せ

破砕機・粉砕機

破砕機・粉砕機の製品一覧へ戻る