環境・リサイクル機器

X線透過密度選別機
エクストラクト

X-Tract
選別の仕組み

特長

  • X線による高画質イメージプロセッシング技術を利用し、特定の原子密度(原子量)を測定することにより、材質選別を行います。
  • 本機は乾式のため、従来の湿式選別に比べ、設備コスト・ランニングコストの大幅な削減が可能です。
  • 本機で使用されるX線はごく弱いものであり、危険性はありません。

選別原理

対象原料にX線を照射し、受信器に写った原料の影の濃さから原子密度(原子量)を測定・材質判断を行います。

用途例

①シュレッダダストからの塩ビ除去として
②アルミスクラップからのSUS、CU、真鍮等他材質の除去として
③アルミスクラップの高純度選別として
④廃ガラスからの鉛系ガラスの除去として

標準機種と処理能力

型式 検知幅
(mm)
機械幅
(mm)
機械全長
(mm)
バルブ数 ノズル数 処理能力
(t/h)
投入物
サイズ
(mm)
ベルト
スピード
(m/sec)
貯蔵
タンク
MT600X 600 1420 7900 128 128 4 6-150 3 2
(2000L)
MT1200X 1050 1850 9000 256 256 8 6-150 3 2
(2000L)

1.振動フィーダ・コンプレッサはご用意いたします(オプション)
2.最大処理量は原料の性状・割合によって変化します。