何事にも挑戦する
気持ちを忘れない

2017
入社 製造部鋳鋼製造課
08:30
出社後、メール確認
09:30
現場での作業進捗を確認
12:00
昼食
13:00
現場で発生したトラブルの対処(不定期に発生します…)
15:30
工程表、鋳造方案図を作成
17:30
業務が終わり次第、帰宅

大学で学んだ機械工学知識を活かしつつ世の中に貢献できる仕事は何かと考え、環境問題に関わる機会が多い産業機械業界を中心に就職活動を行いました。その中で、アーステクニカの説明会に参加し、破砕機という大型機械に携われることのやりがいは大きいと感じたとともに、面接官の方の丁寧な対応や社員の人柄の良さなどにも惹かれ、入社を決意しました。

破砕機に使用する耐摩耗鋳鋼品の製造工場(鋳鋼工場)の生産管理を行う鋳鋼製造課に所属しています。鋳鋼工場の工程は「溶解」、「鋳型造型」、「鋳込み」、「仕上げ」に大別できますが、ほとんどの工程は現場作業者の手により進められる工程であるため、仕事をしていく際には、現場作業者と積極的なコミュニケーションを取り、現場の意見を反映、時には説得しながら、一体となって進めていくことを心がけています。

入社3年目に、鋳鋼品製造に使用する木型をRFID(電波を用いて非接触でデータを読み書きするシステム)を利用した新管理システムの導入に一から携わりました。現場の要望も確認しながら、仕様書作成、使用機器のスペック比較等を行い、導入を進めていきました。
日常業務とは異なり、実例の無い問題に対して都度対応して解決するという経験は自分の成長につながったと感じています。アーステクニカでは意欲やチャンスがあれば、若いうちから様々な経験を積むことができますので、自らを成長させ、高めることができる環境としては最高です。

仕事をする上で大切にしていることは、「何事にも挑戦する気持ちを忘れない」ということです。仕事を進めていくと困難な課題と向かい合う場面が必ず訪れます。その際に課題を目の前にしても逃げずに積極的に挑戦することで、自らの成長が望めると考えています。積極性は一朝一夕には身につけられませんので、是非皆さんも今のうちから積極的に取り組むことを心掛けてほしいと考えます。自分が成長できるチャンスやタイミングは「待つ」のではなく、積極的に掴み取って下さい。

鋳鋼品分野