インフラへの貢献を通じ
循環型社会の構築を担う

2018
入社 営業部破砕機営業課へ配属
07:30
移動
10:00
関東エリアのお客様・販売代理店と
納入予定機械の仕様に関する打ち合せ
12:00
昼食
13:00
関東エリアのお客様・販売代理店と機械入替プロジェクトの打ち合せ
17:00
帰社 見積書、請求書作成等の事務作業
18:00
帰宅

「実際に目に見えて形に残る有形商材の営業」と「社会貢献性の高いインフラに関わる会社」をキーワードに就職活動を行いました。アーステクニカを選んだ理由の1点目は社会貢献性の高さです。道路・鉄道・ビルなどのインフラ整備に幅広く使われる「骨材」を造る破砕機等の製品に魅力を感じました。2点目は技術力です。川崎重工業と神戸製鋼所の時代から長い時間をかけて培ってきた確かな技術力があること。その技術力により生まれる製品に携わることで誇りを持てると考えました。

「砕石業界」に向けた破砕機やプラントの営業活動をしています。業務の魅力は製品を受注し、納入した時の達成感にあります。日々の営業活動から受注、納入に至るまで、設計担当、製造部門、販売代理店といった様々な方と連携し、チーム一丸となって結果を出すことで得られる達成感は格別です。また、直接お客様の感謝の声が聞けることもやりがいにつながっています。自分が提案した製品で、お客様から「設備の生産性が向上したよ、ありがとう」と感謝の声をいただけたときはこの仕事をしていて良かったと感じます。

破砕試験を重ねて製品を提案、その機械が納入され、運転している姿を見るのは何とも言えない喜びがあります。特に、初めて受注し、その納入した機械によりお客様の設備の省力化が実現し、感謝されたことは今も仕事をする上での糧となっています。 担当している機械・設備は高額のためお客様にとっては大きな投資。常にお客様のことを考え、お客様の立場に立ち、お客様の課題を解決に導き、お客様の信頼に応えることが、自身の使命であると考え日々の営業活動に取り組んでいます。

「謙虚・素直・ポジティブ」の3つのマインドを大切に仕事に取り組んでいます。特に入社してからの数年は、先輩、同僚、お客様から学ぶ事が多く、失敗も付き物です。そんな環境下で自身が成長していくためには、謙虚さと素直さをもって学び、失敗を恐れずにポジティブに行動することが必要不可欠だと考えます。 人は誰かと協力することで物事の価値を最大化できるもの。チームプレーで社会に貢献していきたいと考えている方、アーステクニカへの入社をお待ちしています。

砕石分野